ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

Amazon KDP で出版した電子書籍の「カテゴリー」が思い通りにならない件を対処する

Amazon KDP で電子書籍を出版したは良いものの、カテゴリーが思い通りにならずに苦戦したので、追加・変更方法など一通り整理してみました。

カテゴリーは三種類

まず紛らわしい「カテゴリー」について、三種類あることを押さえておきます。

  • (1) 参照カテゴリー

電子書籍の新規登録時に指定する 便宜上のカテゴリー。Amazon ウェブサイトからは見えない。

  • (2) 本カテゴリー

Amazon ウェブサイトから見える。紙の本 + 電子書籍を含めた 「すべての本」用のカテゴリー

  • (3) Kindleストアカテゴリー

Amazon ウェブサイトから見える。電子書籍用のカテゴリー

Amazon ウェブサイト(紹介ページなど)から見えるのは「本」カテゴリーと「Kindleストア」カテゴリーだけです。

新規出版時は「参照カテゴリー」

電子書籍を新たに出版する場合にカテゴリーを選ぶのが「参照カテゴリー」です。

これはあくまで Amazon が「この本はこのカテゴリーやな」と機械的に判断するために必要な補助データにすぎません。あまり正確に反映されないですし、品揃えならぬカテゴリー揃えも悪く、たとえば「自己啓発」は存在しないため、以下のような こじつけ 指定をせざるをえなくなります。

タスク管理に関する本の場合、僕は以下のようにこじつけました。

  • ノンフィクション > ビジネス、経済 > 一般(タスク管理 → ライフハック → ビジネススキル → ビジネス)
  • ノンフィクション > 家、家庭 > 清掃、留守番、整理(タスク管理 → 整理術 → 家庭の整理でもある)

出版された電子書籍のカテゴリーを確認する

出版された電子書籍のカテゴリーは以下二箇所に表示されます。

ページ上部。複数のカテゴリーがある場合、そのうちひとつのみ表示されます。

f:id:stakiran:20190113112959j:plain

ページ下部。複数のカテゴリーがある場合、全部表示されます。

f:id:stakiran:20190113113009j:plaina

出版したら必ず確認しておきましょう。 変なカテゴリに入れられていることが多いです

僕の場合ですと、Windows の本なのに「人文・思想 > 教育学」になっていたり、タスク管理の本なのに「本 > 社会・政治 > 社会学」になっていたりしました……

出版された電子書籍のカテゴリーを変更する

場違いなカテゴリーのまま放置するわけにもいかないので、変更します。

変更は専用フォームから依頼します。

f:id:stakiran:20190113114105j:plain

変更すべきは「本」カテゴリーと「Kindleストア」カテゴリーですが、以下制約があります。

  • 「本」カテゴリーは 削除依頼のみ 可能
  • 「Kindleストア」カテゴリーは 追加・削除どちらも 依頼可能

つまり、電子書籍を出版した私たちにできることは、実質以下の三つです。

  • (1) 「本」カテゴリーがふさわしくないので、削除依頼を出す
  • (2) 「Kindleストア」カテゴリーに登録されていないので、追加依頼を出す
  • (3) 「Kindleストア」カテゴリーがふさわしくないので、削除 or 変更依頼を出す

依頼文の例

僕が使った依頼文面を載せておきます。

件名:

以下書籍のカテゴリー情報の変更をお願いいたします。

本文:

以下書籍のカテゴリー情報の変更をお願いいたします。

電子書籍名:『ルーチンタスクの底力: やり忘れとストレスをなくす仕組みと実践』
ASIN番号:『B07MJW8MVD』

追加するカテゴリー (該当するすべての本で各カテゴリーを独立した行としてリスト)
1. Kindleストア > Kindle本 > 趣味・実用 > 自己啓発
2. Kindleストア > Kindle本 > 暮らし・健康・子育て > 家事・生活の知識

削除するカテゴリー (該当するすべての本で各カテゴリーを独立した行としてリスト)
1. 本 > 社会・政治 > 社会学

フォーマットは、意味さえ通じれば適当で良いでしょう。最低限必要なのは「ASIN番号」「追加するカテゴリーとその内容」「削除するカテゴリーとその内容」の三つです。

メッセージを送信ボタンを押したら依頼完了です。2日以内(早ければ1日以内)に返事が届きます。

(2019/01/14 追記) 変更されました

上記の依頼分は 1 日以内に反映されました。

f:id:stakiran:20190114080702j:plain

趣味・実用 > 自己啓発に入っていますね。

本カテゴリーは運ゲー?

ここで、鋭い方は

「おいおい、もし本カテゴリーが最初からおかしかったら削除するしかないの?せっかくの本カテゴリーに私の本を入れることができないの?アクセス数減るじゃん?」

と思われたかもしれません。

まあそのとおりですね

あるいは、「本」カテゴリーは実は Amazon 側が(変更後の)「Kindleストア」カテゴリー内容を参考にして修正する こともあります。運が良ければ、あなたの電子書籍は適切な本カテゴリーに入ってくれるでしょう。

※僕の 「ファイル名を指定して実行」のすべて は、運良く「本 > コンピュータ・IT」に入ってくれました。まあ順位で言えば 6000 位ですし、並み居る商業誌に勝てるはずもないので入っても無意味なのですが(苦笑)

おわりに

Amazon KDP で出版した電子書籍の「カテゴリー」について、詳しくまとめてみました。カテゴリーについて混乱している方や、「何それ気にしたことないぞ」という方は、一度確認してみてください。