ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

【パソコン操作効率化】アプリケーションの切り替えを効率化する ~Alt + Tab 編~

Windows の操作効率化ネタ第二弾は、アプリケーションウィンドウを素早く切り替える操作『Alt + Tab キー』です。この操作に慣れると、見えないウィンドウにも素早く切り替えることができます。プログラミングを仕事にしている僕も多様している、とても便利な操作です。

Alt + Tab とは

Alt Tab とは アクティブなウィンドウ(最も前面に来ている操作対象のウィンドウ)を切り替えるショートカットキー です。

「Alt キーを押しながら Tab キーを押す」という操作になります。

Alt + Tab を使うと、マウスでウィンドウをクリックすることなく、キーボードから手を離さずにウィンドウを切り替えることができます。

Alt + Tab の操作方法

この Alt + Tab キーですが、操作方法がやや特殊です。以下のようになります。

f:id:stakiran:20190114073022j:plain

  • (1) Alt キーを押したまま、Tab キーを押す
  • (2) この状態で、Tab キーを押すと次のウィンドウに、Shift + Tab キーを押すと前のウィンドウを「切り替え先のの候補」にする
    • この時、まだ Alt キーは押したままです
  • (3) Alt キーを離すと、「切り替え先の候補」がアクティブになる

切り替え先ウィンドウの並び順について

ここで「切り替え先のウィンドウはどんな順番で並んでいるの?」と疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、これはわかってしまえば単純です。

Windows の用語では Z オーダーと呼ぶのですが、早い話、自分がアクティブにした順 です。

たとえばウィンドウ A, B, C, D があったとして、C → D → B → A → D → C の順でアクティブにしたとすると、ウィンドウの並び順は C, D, A, B になります。以下のように、アクティブにした順で積み上げていくイメージです。

C    D    B    A    D    C
?    C    D    B    A    D
?    ?    C    D    B    A
? -> ? -> A -> C -> C -> B

そして Alt + Tab で表示する時は上から表示します。

この並び順を覚えておくと、Alt + Tab で目的のウィンドウに素早くアクセスできます。たとえば「あのフォルダウィンドウは二つ前にアクティブにしたから、Tab キー二回でアクティブにできるな」と判断して、タタンと二回押すだけで切り替えられます。

使いやすい Alt + Tab ツールについて

実は Alt + Tab をもっと見やすく、使いやすくするツールがあります。

それが VistaSwitcher です。

f:id:stakiran:20190114072938j:plain

VistaSwitcher を使うと、切り替え先候補を選んでいる時に当該ウィンドウをプレビュー表示してくれたり、押しづらい Alt + Tab ではなくカーソルキーやマウスカーソルでも選べたり、と大幅に便利になります。

標準の Alt + Tab よりも便利ですので、ぜひ導入をおすすめします!

他のツールはダメなの?

この手のツールは多数ありますが、個人的には VistaSwitcher 一択だと思っています。

というのも、VistaSwitcher が ウィンドウ切り替えの精度が最も安定している からです。

少し Windows のマニアックな話になりますが、この「ウィンドウ切り替え」という処理は、プログラマーから見たら非常に厄介な代物だったりします。プログラマーは、Windows が用意する「ウィンドウをすべて並べる命令」「指定したウィンドウの諸情報を取得する命令」「指定したウィンドウの性質 A の値を書き換える命令」といった命令を組み合わせて、何とか標準の Alt + Tab と同じ処理を実現できるよう再現します。

これだけでも難しいのに、ウィンドウによっては「指定したウィンドウをアクティブにする命令」が効かなかったりして、追加の処理を施したり……なんて手間も必要だったりします。また、普段はアクティブになるウィンドウが、状況によってはアクティブにならないなんてこともあります。

脱線したのでこのくらいにしますが、とにかくこの手のツールを開発するのは意外と難しく、その辺のツールでは高い精度を確保できません。 「このウィンドウがアクティブにならないんだが……」という不発が頻発してストレスが溜まります

僕の所感では、ここが最も少ないのがダントツで VistaSwitcher です。

VistaSwitcher の動作が重たい場合

環境にとっては VistaSwitcher の表示に何秒、何十秒とかかる場合があります。

原因は パソコンのメモリ不足 です。

なので空きメモリを増やすか、それができないなら VistaSwitcher を終了して標準の Alt + Tab を使いましょう。

おわりに

今回はアプリケーションウィンドウを素早く切り替える Alt + Tab キーについて紹介しました。特にキーボードを多用する方には便利ですので、ぜひ練習してみてください。

ではまた。

関連記事