ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

なぜ結婚しないのか。その理由を「結婚しない派」の一人として語ってみた

結婚する/しないの議論は宗教論争(平行線)でしかありませんが、する派にとっては「なぜしないのか」という理由が気になっていると思います。そこで、しない派の一人として、「結婚はクソゲー」と題して、意見をまとめてました。

「なぜ結婚しないの?」 答:結婚はクソゲーだから

なぜ結婚しないのか。

一言で言えば 結婚がクソゲー だからです。

結婚がクソゲーな理由(1): 勝ち方がわからないから

結婚って「勝ち方」がわからないんですよね。 2 つの意味でわかりません。

  • (1) ゴールはどこ?
  • (2) どうやって勝てるの?

まず (1) ですが、ゴールがわからないんですよ。結婚って何をしたら終わりなんです?結婚式を挙げたら終わり?記念日を 3 年迎えたら終わり?結婚式の定義って?たとえば僕がお金に困ってる女性に 30 万渡して「今日一日結婚式に付き合ってください」と頼んでも、結婚式になる?違う?婚姻届が受領されればそれでいい?

……要するに終わりが見えないんですよね。終わりが見えないことはしんどいです。

それから (2) ですけど、たとえば異性の友達や恋人ってどうやったら手に入るんですかね?マニュアルとかリファレンスとか攻略本とかあります?無いですよね。既に結婚されている方も、マニュアルなんて書けないですよね。

……要するに どうやったら勝てるのかが明確に示せない んですよね。運ゲーなんですかね?

世の中を見てくださいよ。勉強にしても、ゲームにしても、趣味――たとえば僕が遊んでるプログラミングにしても、勝ち方は明確です。やればやった分だけ実力がつく。前進していける。

でも結婚は違う。進捗わからんし、フィードバックも来ないし、そもそも相手が「人」という曖昧で不安定なブツですからね。いつ何が起こるか、どう変わるかわかったもんじゃない。クソゲーです。

結婚がクソゲーな理由(2): 好きなジャンルじゃないから

たとえば RPG が好きな人がシューティングで遊んでも楽しくないわけです。それを「シューティング楽しいから!やらないと人生損するから!やらない奴は頭おかしいから!」などと言われても「はぁ」としかならないわけですよ。

僕は RPG が好き。シューティングはそうでもない。それだけのこと。

同じことが結婚についても言えます。結婚という人生活動もまた、一つのジャンルでしかない わけですよ。好きな人もいれば、そうでもない人もいる。嫌いな人だっているでしょう。

趣味は人それぞれ。嗜好も志向も人それぞれ。僕にとっては、結婚はそうでもないジャンルです。

にもかかわらず「結婚するべき」などと押し付けがましい人達がいますし、中には「結婚してない奴は信用ならない」とかいう人まで出てきます。そんなこと言ったら、僕も「プログラミングしてない奴は論理的思考力を持たないアホだ。猿と同じ。信用しちゃいけない」とか言いますよ。いや言いませんけど。でも、そういうこと言っているようなものですよ。

結婚について、そういうオレオレな人が実に大勢います。別段好きでもないことで、そんな仕打ちを受けていたんじゃ、そりゃ嫌いにもなりますよ。クソ鬱陶しい。

ここで「やってみなきゃわからない」「案外いいものだよ」勢が湧いてきたりしますが、知らんがな。 なんで「好きじゃない」と感じたことに対して、いちいち貴重な人生を費やさなあかんのよ。んなことしてたらきりないです。心配しなくてもやりたくなったらやりますって。やりたくなったらね。ほっといてくれませんか。

結婚がクソゲーな理由(3): 放棄できないから

早い話、結婚って 「飽きたんでやめようっと」ができないんですよね

やめたいのにやめられない。クソゲーじゃないですか。

もちろん、やめようと思えばやめられます。法的に離婚すればいいだけのことです。でも面倒くさいし、僕は凡人なので良心もあります。良心も苛まされます。こんなの、やめられないに等しい。

これは持論ですが、人は飽きる生き物です。そして脆い生き物でもある。飽きたら逃げたいし、辛ければ逃げないといけない。それができないと、いつまでたってもストレス溜め込んで不幸になるんですよ。中には DV で怪我とか(脱線して仕事の話になりますが)過労死とかいった事態に陥ることもあります。そんなのイヤですよね。僕はイヤです。

放棄できない。これって相当なリスクですよ。クソゲーを遊び続けなければならないという状況――想像しただけで頭がおかしくなりそう。

「結婚はゲームじゃない」「結婚はそういうものじゃない」に対する僕の意見

あなたはそうかもしれませんが、僕は違います

僕にとって人生は「つまる、つまらぬ」です。いかに楽しめるか。面白いか。それだけです。社会や未来のためにとか、自然の摂理として、生物として当然のことだとか、そういうのはどうでもいい。そういったことは、そういったことに熱心な人や、そういったことで楽しめる人に任せればいい。

で、話を戻しますが、楽しさや面白さを担保できる賢いやり方が「ゲーム」です。明確なゴールがあって、進捗も可視化されて、トライしたらエラーというフィードバックが返ってきて、何度でもトライできて……。そうやって少しずつ前に進んでいける。人類が編み出した、偉大なシステムです。だからゲームは楽しいんです。テレビゲームにせよ、スポーツにせよ、こんなにも広まっているんだと思います。

一方で結婚はどうでしょう。この性質をまるで満たしてない。ゲームとしての性質をまるで満たしていないんです。クソゲーです。

おわりに

以上、「なぜ結婚しないか」に対する一意見をまとめてみました。

これが「なんで結婚しないの?」と疑問を抱く「結婚する派」の皆さんに通じましたら幸いです。(文章が下手だったら申し訳ありません……)