ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

漢数字と算用数字の使い分けについて

f:id:stakiran:20190217091215j:plain

僕はブログと電子書籍を書いているのですが、漢数字と算用数字(半角数字と全角数字)の使い分けがよくわからなかったので、調べて簡単にまとめてみました。

まずは結論

以下ルールに従う。

  • (1) ルールやガイドラインが定まっている場合はそこに従う
  • (2) 漢数字でないと明らかにおかしいものは漢数字にする
    • 一石二鳥(四字熟語)
    • 小林一茶(人名)
    • 一言申し上げます(一言という熟語)
    • 一日一善(熟語 + 熟語) etc――
  • (3) 上記以外は 原則、半角の算用数字 を使う

算用数字の半角と全角

算用数字には半角数字と全角数字があります。

  • 半角:僕の身長は180cmです。
  • 全角:僕の身長は180cmです。

どちらを使えばいいの?という話ですが、これは 基本的に半角文字を使った方が良い です。

半角数字が良い理由は、コンピュータの都合

ではなぜ半角が良いのかというと、コンピュータにとって半角文字の方が楽だから です。

コンピュータプログラムは半角文字を扱うのが得意です。というより、仕組み上、半角文字の方が全角文字より何十倍も楽に扱えます。そういえば SEO では「全角数字だと検索エンジンが拾えないから半角数字で書くべし」といったテクニックがありますが、これは Google など検索エンジンも結局のところコンピュータプログラムだからと考えれば納得できます(実際どうなのかは知りませんし、Google なら全角数字も半角数字で読み取るくらいの機転はしてくれると思いますが)。

もうひとつ例を。普段パソコンを使われる方は「半角数字で入力してください」という指示を一度は見たことがあるかと思いますが、これもコンピュータプログラムの性質ゆえです。

これは僕の持論ですが、数字を半角で書くのは常識やマナーのレベルで基本だと思っています。コンピュータプログラムがそうなっているんですもん。(特に IT 業界に携わる人が)全角で書いていると IT リテラシーを疑うレベルです。たとえるなら車に乗っているのに「え?右折左折する時ってウインカー出さないといけないの?そもそもウインカーって何?」のレベルですかね。

全角数字は見易いので全角文字を使うべきでは?

ここで「全角数字の方が文字サイズが大きくて読みやすいので、全角文字を使うべきでは?」という意見があるかもしれません。

アナログな出版物に対しては一理あると思います

しかし、デジタルな世界では「文字サイズなんてクライアント側で変えればいいんじゃね?」で済むので、あえて全角文字を使う理由はありません。むしろ、前述のとおり、コンピュータと相性が良いのは半角数字ですから、半角を使いたいところです。

漢数字の使いどころ

話を変えて、漢数字に入りましょう。

原則、算用数字(半角)を使うと書きました。では、漢数字を使うタイミングは、どんな時でしょう。

「算用数字にしたら明らかにおかしい」ものは漢数字に

まずは「算用数字にしたら明らかにおかしい」ものは漢数字にするべきです。

例を挙げるときりがありませんが、

  • 一石二鳥(四字熟語)
  • 小林一茶(人名)
  • 一言申し上げます(一言という熟語)
  • 一日一善(熟語 + 熟語)

要するに日本語の文脈が強く絡んでいるケースですね。

漢数字をなるべく使う世界

硬い日本語の縦書き など、数字も意図的に漢数字で記述しようとするケースもあります。

例を一つ。学術誌「一橋社会科学」のガイドラインを挙げておきます。

詳しくは割愛しますが、漢数字表記について細かく定められており、なるべく漢数字を使ってやろうという方向に倒されています。

ルールとガイドラインには従う

そもそもの前提として、自分が書こうとしている文章を管理・統括する側で「こういうルールに従え」「このガイドラインに沿え」といった制約があれば、当然ながら従う必要があります。

ただし、ルールをつくったのが昔の古い人であるがゆえに、半角数字を使えばいいのに全角数字や漢数字を使おうとしている……のようなケースがあるので、(特に仕事などで直面した場合は)鵜呑みにしないようにしましょう。

参考

今回参考にした情報をいくつか挙げておきます。

熟語や固有名詞は漢数字、カウントは算用数字。

コンピュータの扱いを考えると算用数字がベター。

原則数字で、一言など漢字がふさわしい言葉は漢字。

「算用数字、かつ半角数字だ!」で統一。

学術誌「一橋社会科学」のガイドライン。縦書きだからか漢数字多め。

参考の根拠がネットであることについて

ここで「参考の根拠がネットで調べた記事なんて信憑性無いだろ」という意見があるかもしれませんので、答えておきます。

漢数字と算用数字の使い分けについては、 情報源の権威どうこうは関係なく、個人的に納得のいく使い分けがわかればそれでいい と僕は思っています。そしてそれは、ネットで調べた程度で十分わかるとも思います。

おわりに

漢数字と算用数字の使い分けについて、まとめてみました。

僕も使い分けに悩んでましたが、だいぶクリアになったと思います。今書いている電子書籍にも反映しました。