ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

ガチぼっち系 YouTuber 始めました(19/12/25 更新:既にチャンネル削除済)

ガチぼっち系 YouTuber 吉良野すた という YouTube チャンネルをつくりました。

ぼっち歴 15 年を超える僕が、ぼっちでも楽して楽しく生きるための考え方やコツをおもしろおかしく紹介していくチャンネルです。

(2019/12/25 追記) 上記チャンネルは削除しました。理由等についてはページ末尾を参照。

どんなコンテンツを扱っている?

30 代ぼっち男が「ひとりぼっちでも楽して楽しく生きてやんよ」と開き直って

  • 対人関係に頼らず楽をする
  • 対人関係に頼らず楽しむ

ための考え方やコツなどを紹介しています。

最近アップした動画

まだ始めて一週間ですが、主な動画を紹介してみます。

喋らない生活を何年も続けるとどうなるか

www.youtube.com

ぼっちだから喋らない生活は割と簡単に実現できますが、社会で生きる以上、喋れなくなると困るので対策が必要だという話です。

トイアンナさんの「モテたいわけではないのだが」本を読んでみた

www.youtube.com

ありがたいことにトイアンナさんご本人からリツイートしていただけました。

以前も 書評をリツイートしていただけました し、サービス精神旺盛で素敵です。惚れます。おかげで動画再生数が普段 10 → 150。すごい効果(ちなみに書評記事はアクセス数が普段 100~200 → 800 くらいでしたかね)です。

ちなみに爪は切らないのではなく切れないんですよ。ハイポニキウム(爪の間から伸びてる神経線維)が長くてですね……。

【悲劇の】ぼっち大学生がぼっちでも楽しく大学生活をおくる方法【ぼっち】

www.youtube.com

ぼっち大学生がぼっちでも楽しく過ごす方法として「悲劇のぼっち」を紹介しています。悲劇のヒロインをもじってます。

このチャンネルで目指していること

「ガチぼっち」という生き方をライフスタイルにしたい です。

人によって生き方は様々ですが、こと対人関係に至っては「あえてぼっちでいる」という選択肢や発想がまるで無いという現実があります。ぼっちでいたら、それだけで負け組だの強がりだの扱われるわけです。

果たして本当にそうでしょうか?

僕はぼっちを脱しようと努力しましたが、向いておらず努力が実らず、またその過程も苦痛でした。

だったらぼっちのままでいた方が楽なのではないか

ぼっちの状態でいかに楽しめるかを考えた方が有意義ではないか

そういう考え方もあるはずです。

そのことを僕は証明したい。

……という理由が半分。あと半分は楽して生活費を稼ぐためです。僕、会社員には向いてないので……。

目標は月手取り 30 万。遠い道のりですが、流行れば不可能じゃない。

おわりに

以上、ガチぼっち系 YouTuber 始めました、という紹介記事でした。

(2019/10/02 追記) 早くも更新停滞……

ネタはまだまだあるんですが、「喋る」のと「動画編集という料理みたいに細々としたつまらない作業」が苦痛 で「あ、これダメや……」となってます……。

しばらくチャンネルは放置しよう。で、バズるなど盛り上がってくれたら(それは僕に才能があることを意味するのでたとえ苦痛でも)便乗して再開しよう。

(2019/12/25 追記) アカウントを削除しました

僕には向いてないと思い、撤退を決めました。

以下かんたんに理由をまとめておきます。

理由をまとめておきます。

  • 作業が苦痛だから
    • 撮影、動画編集、アイキャッチ画像作成といった作業に楽しみを見出せない
  • 営業活動がだるいから
    • 基本的に「多くの人に見てもらう」ことで「少ない広告収入」という塵を山にするモデル
    • 多くの人に見てもらうためには相応の宣伝文句や広報活動をしなきゃいけない
    • このような営業活動に楽しみを見出せない
  • 作業が楽しくないのに一日 2 h くらいは費やすから
  • 全然人が集まらなかったから
    • ぼっち + 童貞卒業というネタを扱ったにもかかわらず、再生数は 100
    • バズってもおかしくないと個人的には思っていたが、全然
    • 何が悪いのかもわからない
  • 滑舌が悪いから
    • 僕はひらがなの「ち」を発音するのが苦手(「き」と聞き間違われる) ← このレベルで滑舌が悪い
    • 今さら直らないし、多大な努力かけて直す気にもならない
  • 撮影時間が限られているから
    • 狭い集合住宅なので無理
    • いやできないことはないが、僕自身神経質で隣人にクレーム出すタイプなので、僕自身が発声という「騒音の主因」をかつぐわけにはいかない
    • 撮影するには小声 + 隣人の不在を狙う、など要工夫だが、これもだるい
  • 動画というコンテンツが扱いづらいから
    • テキストと比べてサイズがでかい
    • 処理にも時間がかかる
    • だるい(僕は普段はプレーンテキストばかり使っている)
  • ……

挙げれば他にもありますがこの辺で。要するに肌に合わなかったんですね。

仮に月収 50 万稼げるとしても、朝から晩までこういう作業するのは嫌だなぁ。月収 100 万でも嫌。200 万くらいなら(貯金すれば後々楽できるので)考える。……そう考えると、僕は 金あまりなくてもいいから好きなことで過ごしたい んだなぁと。

一ヶ月にも満たない活動でしたが、一つ向き不向きがわかって良かったなと思います。

p.s. ちなみにアクセス数などの情報ですが、チャンネル登録数 15(同じぼっち YouTuber ばかりでした/大学生が多い)、動画再生は 10~150、高評価低評価は最も大きいので 2/0 と 2/-4。スタートラインにも立ててないレベル……。