ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

自宅で書いた「見られたくない文章」を会社から見るための Secret Public(秘密の公開)

自宅で書いた文章を会社から見たい場合、何らかの形でインターネットやクラウドに置かないといけない。でも会社では私有アカウントの利用はできない……。

そんな時には Secret Public を使う。

Secret Public とは

私物(自分が書いた文章やファイルなど)を 自分しか知らない URL で公開すること。

URL を知るのが自分だけであり、かつ Google など検索から辿られることもないとしたら、これは実質プライベートである。他人に見られたくないコンテンツを置いても、他人に見られることはない。……これが Secret Public の考え方だ。

Secret Public の意義は?

認証無しにプライベートなコンテンツをインターネットに置けること

つまり URL をメモしておけば、会社からアクセスすることもできる。

会社ではおそらく私有アカウントは利用できないはずだが、URL にアクセスするだけなら(よほど固い会社でもなければ)可能だろう。Secret Public であれば、アクセスできるのだ。

これにより、たとえば以下のようなことができる。

  • 自宅で考えた仕事術や反省内容を、会社から読む
  • 自宅でつくった「社内行事で喋るスピーチ原稿」を、会社から読む
  • 自宅で撮った顔社員を「社内 SNS のアバター」として使うために、会社からダウンロードする

Q: Secret Public にせずとも普通にインターネットに公開すればよくない?

Ans: (他人に読まれたくないコンテンツを扱いたい場合は)良くない

Secret Public でできることを上述したが、これらはいずれも 他人には見られたくないもの だ。

このようなものをインターネットに置けば、当然ながら不特定多数に見られる可能性があるが、Secret Public ならその可能性はグンと落ちる。URL がバレなければ見られることはない。この機密性がほしいからこそ、Secret Public を使う。

逆を言えば、「別に見られても良い」「あまり見られたくないけど最悪見られてもいいか」程度なら、無理して Secret Public にする必要はない。

Secret Public はどうやって実現する?

いくつか例を挙げる。

要するに どのウェブサイトからもリンクを張られない URL であれば、なんでも Secret Public になる。

なぜリンクを張られたらまずいかというと、まず単純にリンク元からアクセスできてしまうから。さらに言えば Google に捉えられて検索結果に表示されてしまう から。

特にブログを使う場合、記事更新時にトップページの新着記事一覧からリンクされたり……なんてことがあるので、そのようなことを回避できなくてはならない。昨今のブログでは多分無理だと思う

実質、自分でウェブサイトやサーバーを運営するか、GitHub Gist など特殊なサービスを使うしか選択肢はない。僕は両方とも使っている。

おわりに

自宅で書いた「他人に見られたくない文章」を、会社から使うために Secret Public というアイデアを紹介した。

自宅でも仕事のことを考えている熱心な方には重宝するだろう。