ガラパゴスタ

万年平社員の独身ぼっちでも楽して楽しく。

台風 19 号に耐えてる最中にひらめいた小説ネタ

台風 19 号は凄まじかった。皆さま、ご無事でしょうか。まだ強風は続いていますし、交通網や物資も全回復していませんし、河川の一部も予断を許さない状況ですが、一難は去ったかなと思います。

僕も何とか無事ですが、不安とストレスでおかしくなりそうだったので色々工夫してました。その一つとして 台風に関する小説ネタを考える をしていたので、今回記事にしてみます。4 ネタほど紹介。

注意点など

  • 僕の嗜好は以下のとおり
    • 男子向けラブコメ(可愛い女の子と出会う展開)
    • 平然と犯罪を犯す系主人公(非日常やスリルの重視)
  • フィクションの話ですから「不謹慎だ!」等のツッコミは無しでお願いします

ネタ1. 避難所に避難してたら隣にクラスのマドンナが来た件

主人公(高校生男子)一家は避難所に避難。まだ人はまばらで、出入り口から一番離れた角席のキープに成功。しばらくして人が集まってくる。そんな時、主人公一家の隣に陣取ってきた人達が。顔を上げると、え?なんで?――見間違えるはずもない。僕が入学初日から一目惚れした彼女がラフな、しかし僕にとっては新鮮な私服姿でそこにいた。

  • 憧れの女子が隣にいるというドキドキ
  • 停電や体調不良など、ヒロインに降りかかる恐怖や苦痛を主人公が支える
  • ED例:ヒロインの母「お礼したいから今度うちにいらっしゃいな」、主人公(僕の青春はここから始まる……!)

ネタ2. エイジレスホームレス

  • 不死身《エイジレス》のホームレスが災害の渦中でのんびりと過ごすお話
  • 苦しむ一般人と対比させた、一種の俺 TUEEEEE 系
  • ホームレスのリアルな世界観も描ければ良い

ネタ3. 窃盗犯 XYZ

※タイトルは思いつかないのでテキトー

窃盗で食い、窃盗で鍛え、窃盗で愉しむ――彼らにとって災害とは|遊び場《プレイグラウンド》である。

頭領「今夜中に最も稼いだ者が勝利だ。行動範囲は地図上のこの範囲。盗んでいいのは屋内の現金と物品のみ。人への物理的・言語的干渉は無しとする」

窃盗犯A「ふふ、腕が鳴りますねぇ……」

窃盗犯B「また下着を盗むのか?」

窃盗犯A「ええ。持ち主のプロフィールと合わせれば、それはもう高価な代物になりますからね。使用済があると良いのですが」

窃盗犯B「このストーカーが。貴重品が良いに決まってんだろ」

窃盗犯A「この地域は高級住宅街ではありませんよ?」

窃盗犯B「変態さんは庶民の心理もわからねえようだな。いいか、庶民の中には貴重品を――」

頭領「君達もさっさと移動しなさい。あと十五分で開始ですよ」

  • 非日常的でスリリングな犯罪《クライム》アクション
  • 窃盗犯の知略と駆け引き、一般人とのバトルや逃走

ネタ4. 浸水殺人事件

とあるマンションにて。河川氾濫による浸水で一階が水没した。マンション自体も断水と停電が起きる。マンションから出ることはできない。救助や支援も少なくとも今夜は来ない。住民達がこの局地を乗り切ろうと一致団結した、その時だった。悲鳴が響いた――。

  • 災害を被ったマンションという世界観を書きたいが、これ単体だと物語にならないのでミステリーをひっつけてみた

(参考) 情報源

主に Twitter が大いに役立ってくれました。リアルなツイートや動画像を見ると、創作欲求も刺激されます。……と言うと不謹慎かもしれませんが、下手に退屈や不安で潰れるよりはよほど好ましいです。

おわりに

準備や避難を終えた後は、なるようにしかなりません。退屈や不安で潰れるのはもったいないことです。でも日常みたいに気にせず過ごせるほど僕はメンタルが強くない……。

今回、このような遊びで 空想に現実逃避すれば比較的マシ だとわかったので良い収穫です。